Da! Hawaii – Photos of Aloha –

Photographs from the beautiful islands of Hawaii.
Life

No Regret

悔いのない人生とは、

「あぁ、あの時『ありがとう』って言っておけば良かった」

とか、

「もっと味わって食べれば良かった」

とか、

「ちゃんと『美味しい』って伝えておけば良かった」

とか、

「もっと優しくしておけば良かった」

とか、

「意地を張らずに『ごめんなさい』って謝っておけば良かった」

とか、

「本当のことを言っておけば良かった」

とか、

「したいことをしておけば良かった」

とか、

「ガマンしなければ良かった」

とか(その逆もアリ)、

「自分に正直に生きておけば良かった」

とか、、、

そういうことです。

Apathy

「人々の無関心は、常に攻撃者の利益になることを忘れてはいけない」

今日我々は知っている。
愛の反対は憎しみではない。
無関心である。
信頼の反対は傲慢ではない。
無関心である。
文化の反対は無知ではない。
無関心である。
芸術の反対は醜さではない。
無関心である。
平和の反対は、平和と戦争に対する無関心である。
無関心が悪なのである。
無関心は精神の牢獄であり、我々の魂の辱めなのだ。

ルーマニア出身の、アメリカのユダヤ人作家、ノーベル平和賞受賞者、エリ ヴィーゼル(エリエ ヴィーセル)氏の言葉です。

「愛の反対は憎しみではない。愛の反対は無関心である」

イギリスの新教育運動の教育家、「世界で一番自由な学校」として知られているサマーヒルスクール(Summerhill school)の創設者、A. S. ニール(Alexander Sutherland Neill)氏の言葉です。

「愛の反対は憎しみではありません。無関心です」

アグネス ゴンジャ ボヤジュさん(マザーテレサ)の言葉です。

無関心であること、苦しむ者に関わりを持たずに傍観者であることが、愛の対極にあると、、、

例えば、自宅のそばに障害者のための施設ができます。反対する人がいます。別にうつるわけでもないのに反対します。でも罪にはなりません。何で反対するのですか? 理由はひとつ。自分とこの子供に、障害がないから。

「無関心の罪」

人のことには無関心。

この世では罪にはならなくても、
あの世ではなる罪があるとしたら、
それは無関心の罪のことかもしれません。

この2〜3年の間に、ハワイから日本に一気に広まった「ホ オポノポノ」の創始者、モナ シメオナ(Morrnah Nalamaku Simeona)さんや、彼女の弟子、イハレアカラ ヒュー レン(Ihaleakala Hew Len)さんが言っている、ホ オポノポノの原理をご存知ですか?

ホ オポノポノは、「全責任を負う」ことを原理とする、ハワイに伝わる癒しの方法です。

「ある人が、人生の一切について責任を取るとは、その人が見て、聞きて、味わい、触れるすべてのことの責任を取ることである。そしてあらゆる経験は、その人の人生に存在するが故に、その人の責任が伴う」

さらに、

「全責任とは、万物が人間の内面からの投影として存在し、問題は外部世界の現実にあるのではなく、我々自身と共にあり、現実を変えるためには、我々はまず自らを変えねばならない」

と、説いています。

このことからも、無関心もまた自分の責任であることが分かります。各自の想念が全体をかたちづくっていることが分かりますよね。

これらをふまえた上で、「どの記憶が問題を引き起こしているのだろうか?」と、自らの記憶に向けて問いかけ、その後に、「ごめんなさい」、「許してください」、「ありがとう」、「愛しています」の言葉を繰り返してみると、今まで以上に広がりを感じる自分に気がつくことでしょう。

More than 1 mm.

もらう量 < 与える量
教わる量 < 考える量
話す時間 < 聞く時間
泣く回数 < 笑う回数
怒る回数 < 喜ぶ回数
転ぶ回数 < 起き上がる回数
欲望の深さ < 志の高さ
昨日の自分 < 今日の自分

Economy

不況って、どうしてあるのでしょうね。

辛い時期は幸福への布石。
忍耐の時は飛躍への準備。

大丈夫。
すべて一切のムダなし。

Do the likeliest

本当に眠い時にはどこでも寝られるように、
本当に求めていたら何からでも得られるんだということ。

恵まれない環境にいるとしたら、
実はそれは、最も恵まれている環境なのかもしれません。

与えられた環境で、与え続ける人に、
天は命と職を与えるのでしょう。

天職を歩み、天命を果たす。

あなたの天職は?
あなたの天命は何ですか?

Do the likeliest, and God will do the best.

Akashic Records

アカシックレコード(宇宙意識の蔵、ライブラリー、アーカイブって感じの概念)について調べていたら、弘法大師空海の、虚空求聞持法にたどり着きました。

真言密教では、物質の構成要素として、地、水、火、風の物質性を考え、そこに重々無尽(融通無碍)に浸透している、虚空(空、エーテル、氣)を考えました(五大)。

空海は、その虚空の空間に入ると、「五大に響きあり、十界に言語を具す(物質と精神には響きがあって、それぞれに言葉を用意している。声字実相義)」、「創造の波動として、宇宙に鳴り響いている宇宙原音に意識を合わせた行者は、その音を直ちに自分の理解できる言葉として聞くことができる」と、述べています。

宇宙原音に意識を合わせるためのおまじない(言葉)とは、、、

虚空蔵菩薩の真言

「ノウボウアキャシャギャラバヤオンアリキャマリボリソワカ」

虚空蔵菩薩は、無限にして無辺、同時に全宇宙にあまねく、福徳と智慧とを蔵する菩薩といわれています。

「ノウ ボウ アキャシャ」は「虚空蔵菩薩に帰依します」、「ギャラバヤ オン アリキャ マリボリ」は「無限の叡智と無尽蔵の富」、「ソワカ」は「成就する、達成する」という意味だそうです。

「虚空蔵菩薩(=アカシックレコード)に帰依してつながれば、無限の叡智と無尽蔵の富を達成することができるので、私はそれを心から祈念します」

「ナウ ボゥ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリボリ ソワカ」

この真言を、50〜100日間で100万回唱えるのが虚空求聞持法です。

Pride

心が過去(満足、後悔、思い出、、、)や
未来(期待、不安、恐怖、、、)で一杯だと、
今(愛)という永遠を失う。

時には「信念」や「確信」が、
邪魔になることもあるってことか、、、

Waikiki Night Life

楽しもうと決めただけ、楽しめる。
感謝しようと決めただけ、感謝できる。
愛そうと決めただけ、愛せる。

Oneness

一年の計は元旦にあり。

今年のテーマは「自然」。

「自然」と書いて、
「じねん」と読みます。

自と他を区別しない意識の状態。

自も他もない状態。
ただそこに世界があり、
己も含めて、ひとつの世界。

自らの生命力により、
生成し、変化し、発展し、
そして、進化していく状態。
それが自然(じねん)です。

世界のすべてが生命であり、自分もその大いなる生命の一部だという捉え方を、日本では「山川草木悉皆仏性(さんせんそうもくしっかいぶっしょう)」と言うそうですね。

日本には、自他の区別のない、自他一体や自他一如といった考え方が、根本にあるのでしょう。人間と自然、人工と自然を分けるといった、二項対立的な発想は、日本にはもともとなかったのですよね。

自と他を分け、人間と自然を分け、「地球にもっと優しく」とか「環境を大切に」といった、人類中心主義の二項対立的な発想、操作主義的な発想では、本当の意味で、地球環境問題を克服する日は訪れないと思います。

自分を広げていくと、
人間と自然が一体となり、
自らが然るべき状態になるとしたら、
皆さんは、どんな状態にありたいですか?
皆さんは、どんな姿がイメージできますか?

自分と他人(ライバル)、自社と(競合)他社、自国と敵国、、、
これからも続けますか?